■米山さん 精米課 係長
(新卒入社14年目)
仕入れた玄米を大型精米機に投入して精米を行う「精米課」に所属している米山さん。

実は、よいお米を提供するために精米技術は非常に重要なのです。精米は大型精米機を用いて、一度に大量の精米を行うことで酸化を防ぎ味の品質を保てるといいます。

「農家さんが丹精込めて作って下さった30㎏の玄米をタンクに入れる作業を行い、毎日いい汗をかいています。体力が必要な仕事ですね。」
米山さんは中学時代からバスケットボールを続け、社会人バスケチームにも入って活躍してきたという体育会系。持ち前の運動神経の良さもこの仕事に直結しているのかも知れません。
「これが終われば楽しい社員旅行が待っている。そんな気持ちで頑張っています。社員旅行は皆が一つの場所に行くのではなく、国内・海外からいくつか候補地を募り希望した場所に7~8名くらいのグループに分けて行くことができるんです。入社時から多くの旅先へ行かせてもらっていますが、私はタイのプーケットに行った時が一番楽しく想い出に残っています。」

なるほど、行先が一つではなく選べる社員旅行とはとても魅力的ですね。社員旅行のほかにもボウリング大会や忘年会などが毎年開催されていて、他部署との交流もできる良い機会になっているそうです。忙しさの後には楽しみがある。諸長ならではの仕事の取り組み方があるといえそうです。

さて米山さんの最近のプライベートは、一歳になる愛娘の育児に奮闘中とのこと。そのため大好きなバスケットボールもしばらくはお休みしていますが、いつかは娘にバスケをしている姿を見せたいそうです。そんな素敵なイクメンパパでもある米山さんに、最後に仕事での目標を聞かせてもらいました。

「将来的には我々の世代が会社を背負う立場になっていくと思います。その覚悟をもって今の仕事に尽力し、会社の成長に貢献したいですね。」

働く人の声

株式会社 諸長