南魚沼市だから出来る仕事がある、ここから世界に通じる製品を送りだしたい
大栄プラスチック 株式会社
工場、環境、働く人の意識 全てを見直して生まれ変わった会社
大栄プラスチックは、プラスチックの射出成型と製品化業務を行い、主に自動車のヘッドレスト部分を主体とした保安部品を製造しています。整理整頓が行き届いた工場内、徹底した品質管理、働く社員の明るく礼儀正しい姿勢。皆が安全で気持ちよく働けるように、隅々まで気を配っています。しかし初めからこうした環境が整っていたわけではなく、会社が軌道に乗るまでは大変な苦労があったといいます。今回お話を聞いた蓮沼稔社長は、一本筋が通った強い信念の持ち主。会社創業の経緯や今後の夢に至るまで存分に語っていただきました。
はじまりは、元々この地にあったプラスチック加工の下請け企業の廃業でした。残された機械、人材、業務を引き継ぐ形で再建が図られたものの、経営がうまくいかない、従業員も活かせていない等、どうしても立ち行かない状況となり、蓮沼社長に経営を任せたいと白羽の矢が立ったのです。
「当時の工場はひどい状態だった。工場内は古くて汚いし、整理整頓もされていない。製品の不良品やクレームも多く、朝から晩まで機械の不具合を修理して一日が終わる。作業する社員の服装や態度もだらしなかった。どうして不良品が生まれるか、それは一目瞭然だったね」
そこで蓮沼社長は抜本からこの会社を生まれ変わらせようと決意したそうです。資本が少なく実績がない中で、まず取り組んだことは『5Sの徹底』でした。
5Sとは、「整理・整頓・清掃・清潔・躾」のことを指します。工場をきれいに、どこに何があるか分かりやすい状況にして、もの・場所・時間の無駄をなくすこと。作業中の怪我をなくすため安全を確保し、危険を予知して報告、改善を行う活動をすること、社員が一日中気もちよく働けるようにしっかりした挨拶をすることなど、細部に至るまで徹底して変革を行いました。
こうした地道な努力が少しずつ実を結び、信頼される高品質な製品を安定して提供できるようになったのです。現在、工場内の無災害記録は間も無く累計1,100日を更新し、誰もがリアルタイムで機械の稼働状況を把握できるタッチパネルを導入して見える化を図るなど、品質向上のための努力は今も続けられています。
「安全も挨拶も全ては効率よく働いて会社の利益をあげるため。引いては自分のためになるからね。挨拶は何も社長の私にして欲しいわけではない。会社に来た瞬間から仕事は始まっているという意識を持って欲しいから。不良品なんか作っている暇はないし、無駄なミーティングもいらない。そうじゃなきゃハイスピードでロスのない製品は作れない。時間も場所ももっと無駄を省いて働けるようにしたいと考えているよ」
地域の力を伸ばし、更なる発展を目指して
なぜ蓮沼社長は、この地にこだわり、頑張り続けることができたのでしょうか。それは南魚沼市の人々の力を信じていたからだといいます。
「南魚沼市の魅力は、自然、土地、産物があること。それは何事にも代え難い。大きな土台があるからこそ、みんな安心して暮らすことができているんだよ。最初、この土地に来たばかりの頃は、競争力がないなあと思っていたよ。でも違った。この土地の人を安く使おうとすることが間違い。働く人の機能力を高めて、この地域の力を世界に届けることができるんだよね」
自然に恵まれた地域の特性、真面目で実直な人柄を活かすことで、世界に通じる力を持った企業を生みだせるのでしょう。
地域の力を伸ばす取り組みの一つとして、今後は外国人労働者も積極的に採用していきたいと考えているという蓮沼社長。南魚沼市には日本初の大学院大学である国際大学があります。約40カ国・地域から学生が集まり、すべて英語の授業が行われている非常に国際色豊かな地域なのです。こうした学生が卒業後自国に帰るのではなく、働きながら技術を習得し、他の社員やその家族に英語を教えてあげられるような環境を作っていきたいのだそうです。
南魚沼市の力を世界に届けるために。 覚悟を決めて一緒に夢を追ってほしい。
大栄プラスチックでは、幹部候補として活躍できる方、現場管理、経理財務をお任せできる方を今回募集します。「一緒に苦労してくれる人と働きたい」と蓮沼社長は言います。それは決して、厳しい労働条件下で働かなければならないという意味ではありません。常に全力、本気で仕事と向き合ってほしいという強い意志の表れでもあります。
ここ南魚沼市から、社会にとって本当に必要なものを作り、日本全国、そして世界に届けたい。蓮沼社長の夢は、この会社に留まらず、南魚沼市で暮らす人たちの夢と幸せにも繋がっていきます。
「ずっとこの会社にいてほしいとは言わない。ただ二年は一緒に夢を追ってほしい」この言葉を聞いて、「よし、それならまずは二年。がむしゃらにやってみようじゃないか」そう思えたなら、あなたは大栄プラスチックが求めている人材なのかも知れません。強い意志と向上心を携えて一緒に働いてみませんか。

2020/6/4 取材



求人情報

このエントリーをはてなブックマークに追加