本社・第2センター長 内山修一さん
入社18年目(製造業からの転職)
~幼いころからの夢を追って物流の道へ~
学校卒業後、はじめは製造会社に就職した内山さん。製造ラインで現場職を経験したあとは、工場内で動いているロボットや自動測定機などのオペレーター、生産技術、管理にまで携わり活躍されてきました。それでも、小さいころから好きだった自動車やトラックに乗る仕事に常に憧れがあり、本当に自分が好きな仕事をしたいと転職を決意したそうです。
■これが私の仕事です■
主にお客様からお預かりした商品を保管する倉庫の管理を行っています。お預かりした商品の中から、御依頼分を出荷するなどの出庫作業がありますので、こうした作業にあたる従業員の指示・指導を行っています。

ドライバーが帰ってきて荷物を降ろしたら、仕分けして出荷先に合わせて荷物をまとめます。ドライバー人員が足りない時には、自分が配送を行うこともあります。
また自社給油所の燃料の発注・維持管理、倉庫内の温度管理、当日の配車表を確認して積荷量に問題はないか、全体の動きなどを確認するのも私の仕事。
ドライバーが安全に荷物を運べるように全体を管理しています。
■仕事のやりがい/嬉しかったエピソード■
幼いころから、自動車やトラックが好きで体力にも自信があったので、「いい汗かいて仕事がしたい」と思うようになり転職しました。今、本当に自分の好きな仕事ができているので、それ自体が嬉しいですね。そして若い人たちと一緒に楽しく汗をかいて働けること。他愛のないことかも知れないけれど、こうした日々の仕事が楽しいですね。
■今後の目標/挑戦したいこと■
今一緒に倉庫で働いているメンバーは、まだトラックの運転免許を持っていないけど、ドライバーとして働く事に興味がある若い世代が沢山います。私自身も階段を一歩一歩上っている状況ではありますが、そうした若い人たちに社会人としてのマナーやスキルを教えて一人前に育てあげ、一流のドライバーにして旅立たせてあげることが私の目標です。
<就職を考えている方へ 応援メッセージ>
私たちの仕事は、トラックやフォークリフトを運転し、重い荷物の積み降ろし作業が日々ありますから一般的な業種よりも体力や忍耐力が必要だと思います。大変なことは多いと思いますが、いい汗かいて仕事をしてみたい、挑戦したいと思ってくださる方に来てほしいですね。

働く人の声

株式会社日乃出輸送